地方競馬のVANサービス「地方競馬DATA」サポートページ

競馬最強の法則WEBが運営する、初の地方競馬データ配信サービス『地方競馬DATA』のサポートページです。 ソフト本体の提供のほか、バージョンアップ情報、Q&A、ソフトの使用方法などについて、情報提供を行ないます。

カテゴリ: お知らせ

6月5日(月)にネットワーク障害があり、各ソフトの一部ユーザー様において7日(水)園田7R、8Rの馬毎レース情報が取得できていない可能性があります。
その場合は、取得開始日を6月5日にしてデータを再取得してご利用くださいませ。
ご迷惑をお掛けして申し訳ございませんが、よろしくお願い申し上げます。

競馬最強の法則WEB事務局

12月22日以降、JRAのIPAT投票インターフェースが変更になりました。
それに伴い、各競馬ソフトからIPAT投票が出来なくなり、アップデータを開発・提供しています。
ソフト本体のバージョンアップではなく投票部分のシステムファイルのみバージョンアップを行います。
初期版から差し替えも行っておりますので、インストールしてお試しください。

→ 新IPAT投票アップデータ


○対応ソフト
RB☆STRIKE!
 ALGOSPEEDER
 RHSPEEDER
 血統クロスオーバーX
 KEIBA DATA SCOPE
 VICTORY PRO
スーパーコンビネーション
BAIGAESHI
 ABandBET
メモリアルウォッチ


以下のファイルをダウンロードして各ソフトのインストールフォルダに上書きコピーし、アップデートすることも可能です。

→ xipat.dll

海外競馬の馬券発売によるIPAT投票の仕様変更のため、各ソフトウェアからIPAT投票ができなくなり、9月30日(金)20時頃に、新仕様のIPAT投票に対応した、各ソフトウェアの一括アップデータを作成しました。

そして、さらに10月2日(日)18時に、WIN5投票にも対応したアップデータに差し替えましたので、ご確認くださいませ。

こちらから、IPATDLLUpdater.exeをダウンロードして実行していただきますと、次の各ソフトウェアについて、IPAT投票を一括アップデートすることが出来ます。

・RB☆STRIKE!
・ALGO SPEEDER
・KEIBA DATA SCOPE
・スーパーコンビネーション
・VictoryPRO
・血統クロスオーバー X
・BAIGAESHI
・RH SPEEDER
・メモリアルウォッチ


よろしくお願いいたします。
競馬最強の法則WEB事務局

今週から、凱旋門賞の馬券発売によるIPAT投票の仕様変更のため、各ソフトウェアからIPAT投票ができなくなります。

そこで急きょ、新仕様のIPAT投票に対応した、各ソフトウェアの一括アップデータを作成しました。

こちらから、IPATDLLUpdater.exeをダウンロードして実行していただきますと、次の各ソフトウェアについて、IPAT投票を一括アップデートすることが出来ます。

・RB☆STRIKE!
・ALGO SPEEDER
・KEIBA DATA SCOPE
・スーパーコンビネーション
・VictoryPRO
・血統クロスオーバー X
・BAIGAESHI
・RH SPEEDER
・メモリアルウォッチ


なお、WIN5投票など更なる仕様変更の可能性がありますので、その際にはこのアップデータを更新する予定です。

よろしくお願いいたします。
競馬最強の法則WEB事務局

「地方競馬DATA」対応ソフトから楽天競馬サイトに投票する際に、「セキュリティの警告」画面が表示される例が報告されています。
楽天競馬サイトのセキュリティ証明書が新しく更新され、ネット上のプロキシに古いキャッシュが残っている可能性があり、この状況は時間が経つと徐々に解消されるはずですが、お急ぎの方は以下の対策をお試しください。


■ソフトを使用中に、フリーソフト「UWSC」を起動状態にしておくことで、「セキュリティの警告」画面が表示されたときにこの画面の「OK」ボタンが自動的にクリックされ、投票エラーが回避できる場合があります。
 ただし、このソフトをインストール・使用することで万が一何らかの不具合が生じても、サポートや補償はいたしませんので、その点をご了承のうえご自身の責任においてお試しください。


1.UWSCフリー版をダウンロードし、ファイルを解凍してインストールします。

2.こちらをクリックして、ファイル「okclick.zip」をパソコンに保存します。

3.「okclick.zip」ファイルを解凍すると、「okclick.uws」ファイルができます。

4.UWSCソフトを起動(※)し、「okclick.uws」ファイルを読み込んで、再生状態にします。

※Windows7以降では、次の通り管理者権限で起動する必要があります。
 ・UWSCのアイコンを右クリックして「管理者として実行」を選択。


 この状態でソフトを使用していると、「セキュリティの警告」画面が表示されたときに画面の「OK」ボタンが自動的にクリックされて、投票エラーが回避できる場合があります。


このページのトップヘ